隣の芝が青すぎて、自分の育ちに落ち込みました

こんばんは、つばめです。

昨日は夜にブログを書こうと思っていたのですが、

夜にものすごく落ち込んだ出来事があったので一人で現実逃避をしてしまいました…

一人で自宅にいたのですが、ふがいなさすぎて泣くかと思いました。

自分でもびっくりしました。

きっかけは、丸の内の職場の同僚からの連絡でした。

隣の芝は青すぎる

お昼の、正社員の仕事環境についてはこちらで少し書かせていただきましたが
仕事でもやもや
ランチでプチ贅沢

私が仕事で直接関わる人は【ボス・上司・同僚(女)】です。

この同僚から「明日はおそらく休むと思う」という連絡が入りました。

会社では、私と同僚が2人で事務作業を担当しているので

どちらか一人が遅刻やお休みの時は互いに前もって連絡するようにしているのです。

話は戻りまして、同僚のお休みの理由ですが

「両親が所有する賃貸アパートで、早急に修繕が必要な個所が見つかった。

工事が必要で、大家である所有者が立ち会う必要があるのだが

両親は今海外にいるので立ち会うことができない。

なので、明日代理として私が立ち会うことになり出勤できない」

ということでした。

これを聞いて、思わず「まじか………」と暫く落ち込んでしまいました。

まず、両親が賃貸物件を持っているという点から

ある程度お金に余裕があるお家なんだな、ということが理解できます。

はっきりと聞いたことはないのですが、

どうやら同僚は社長か、社長じゃないにせよ会社役員の令嬢のようなのです。

それに比べて私は、田舎生まれの、しかも借金が600万もある一般人です。

何なら片親で、しかも母親は鬱で家から出られないし、

相続するような財産だって何もありません。

この連絡を受けた時、丁度有りあわせの食材で作った節約メシが完成して

「この調子で節約に励むぞ~♪」とうっきうきで食べようとしていたのですが

「節約しなくても良いくらいお金欲しいわ…」と一気に気持ちが萎えました。

(しばらく落ち込んだ後に食べたのですが、普通に美味しくてちょっと元気にはなりました)

考えてもどうしようもないってことはわかっているのですが

もし、私の家がもう少し裕福だったら

もし、両親が離婚しなかったら

もし、母親が元気で精神的にも何の問題もなかったら

もし、裕福なお家に生まれていたら………

こんな時はどうしても考えてしまいます。

そして、何故自分は今みたいな生活を送っているのか、と。

今、自分は決してお金に余裕があるわけではありませんが

一人できちんと生活していけるくらいには収入があります。

決めた予算の範囲内ではありますが、

お洋服を買ったり、お化粧品を買ったり、趣味を楽しむお金もちゃんとあります。

だけど、もっともっとお金があったら。高い洋服を好きなだけ買えたり、

お金がかかる趣味だって自由に楽しめるんじゃない?

ていうか、奨学金分の600万円もなかったら

とっても楽なんじゃない?

なんてみじめなんだろう。

なんで、私はもっと良いお家に生まれなかったのだろう。

と、情けなくて涙が出そうになりました。

何も同僚だって、自分の家の財産状況を自慢するために

こんな連絡をくれたのではありません。

会社を休むために必要な範囲の身の上の話をしてくれたのですが…

ひっさしぶりにめっちゃくちゃ気持ちが落ち込みました。

かたや令嬢、かたや借金持ち。

毎日何も考えずにペットボトルの飲み物とか買えるんだろうな…(小さい)

ぐちぐち書いておりますが、育ちが育ちなのでこんな気持ちになったのは

今回が初めて…というわけではありません。

なので、一晩明けた今は気持ちも落ち着いています。

お金がない、とか親がどう、とか勿論落ち込むことはありますが、

いつまでもそれを理由に、自分で何もしないのは

とても勿体ないよ。という気持ちもあるのです。

本当にお金持ちになりたいのなら、自分の育ちにケチをつけてないで

どうすればお金持ちになれるのか少しでも考えて、ダメもとでも努力した方が建設的です。

ここで「自分はお金持ちになりたいのか?」と考えると

いつも「うーん…」と詰まってしまうので

自分がどう生きたいのかがやっぱりまだ定まってないんだと思います。

今はひとまず、「転職」と「転職に向けた勉強」

そして「留学」の目標があるので、自分が決めたことを一生懸命取り組んでみます。

その中で、自分がどう生きたいのかの手掛かりになるようなことが掴めるかもしれません。

だから今は自分と向き合う期間として、精進を続けようと思います。

なんだかまとまりのない文章になってしまいました。

因みに、職場のボスは年収確実に億超えてます。上司も1000万くらいでしょうか…?

隣の芝が青すぎて落ち込んだりもするけど、

ひとまず私は元気です(ジブリって本当良いこと言いますね…)

ささっと今日の出費を書いて、今日は終わりにします。

<出費>
食費    130円(激安のお惣菜)
被服費  1058円(ストッキング買いました)
雑費    100円
合計   1288円

それではこの辺で失礼いたします。

次回は先延ばしにしまくっている9月の…9月の家計簿まとめを書きに参ります…

おまけ
phonto
昨日の節約メシは麻婆豆腐とトマトと焼きナスでした。

ランキングに参加しております
にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

コメント

  1. ハッピー・チャン より:

    こんにちは。
    自分が世界中で何番目に幸せだか考えたことがありますか?
    「100人の村」是非、検索してみてください。

    頑張れ~

    • つばめ より:

      ハッピー・チャン様
      こんにちは、コメントありがとうございます!
      100人の村、覗いてみました。考えの幅が広がって、少し心が軽くなりました。
      何か悩んだ時には、「100人の村」の発想をどこか心に置けたら良いな、と思います。
      励ましのお言葉、ありがとうございました…!

  2. つばめ応援団補欠 より:

    つばめさん、ハッピーチャンさん、こんばんわ。
    初めまして。
    このブログにたどり着き、
    100人の村の動画を知りました。
    とても衝撃的な内容でした。
    教えてくださり、ありがとうございました。
    改めて貧困について、考えさせられました。

    最近、女性の貧困について、学ぶことがあり、真剣に何かサポは出来ないだろうか、
    考えています。
    NPO法人などの活動をみてはいますが、
    その活動はそれとして、もっと自分に合って
    出来ることを模索しています。
    IT関係で何か出来ないか考えています。

    私は大手町で金融関係の仕事をしていますが、通勤路にホームレスの方々も多数いらっしゃるエリアを通るので、
    常日頃から、貧困について考えさせられています。

    また、子供を大事にするのは当たり前ですが、
    子供を唯一産むことができる、女性こそ、
    もっと大切にすべきと考えています。

    つばめさん!応援しています!