【シン・ゴジラ感想】丸の内勤務で良かったなぁと心から思えました

こんばんは、つばめです。もうそろそろ暑さが落ち着くかな~と思うのですが、まだ外に出ると空も高く夏の雲で、汗ばみますね。

昨日は映画好きの友人と新宿でシン・ゴジラを鑑賞して参りました。

取りあえず結果から申し上げますと、シン・ゴジラ最高でした!!

TOHOシネマズ新宿にてIMAXの劇場で見たのですが、どでかいスクリーン・綺麗な映像・大轟音でこの映画を見ることができて本当に良かったです。DVDより映画館で見た方が良い!って映画の部類に間違いなく入るね!と友人とも話しました。

これから見る方もいらっしゃるの思うので詳細は書くのを控えますが、面白すぎたのでもう一度映画館で見ようと思ってます。

私は歴代のゴジラ作品を1作も鑑賞したことがないのですが、それでも何の問題もなしに楽しめました。

シン・ゴジラを見に行った知り合いたちは

歴代のゴジラファンの方「最高だった」
映画好きの友人「何回見ても面白い」
普段物静かなバイト先の後輩「(まぶしい笑顔で)面白かったです!!!!」

と、高評価しかしておらず、私も見に行って大満足したので、きっとどなたでも楽しめると思います。
ステマみたいになってしまいましたが、もし興味があれば是非!映画館で鑑賞して欲しい作品でした。

丸の内勤務でよかったと思うわけ

今日のタイトルについてですが。

ゴジラのストーリーですが、端的に書きますと「ゴジラが現れて東京の街を破壊する」というものです。それだけ…?って感じですがこの中に政治や災害や人の気持ちや更には国際問題まで…色々な要素がギュッ!と詰め込まれています。

そして「東京の街を破壊する」シーンですが、私の勤務する丸の内も見事に破壊されておりました、いや、破壊されつくしておりました。

「東京の街が破壊される」という絶望感や終末感は勿論感じたのですが、私はある種「職場が破壊された」ので、少しスッキリしてしまいました。(確か住民は避難済みで、人が亡くなるカットがここではないせいもあると思います)

「あああああ丸ビルが」とか、「うおおおおおグラントウキョウも」と、自分の身近な、生活圏内が破壊される様子を俯瞰することができた、という意味で「今回破壊されるシーンになった丸の内に勤務しててよかった!」と思いました。謎メリットすぎますが…

このことを友人に話したら、「私も丸の内の自社ビルが破壊されてないか頑張って探した」と言われて2人で笑いました。

シンゴジラを見た後は、映画館の近くの牛カツ屋さんで2人でご飯を食べました。
image

牛カツ、美味しかったです!
ずーっと気にはなっていたのですがまだ食べたことがなく、初体験でした。

結構レアな、衣の付いたお肉をタレやワサビと食べるスタイルなのですが、トンカツとも似て非なるものなのでなんといいますか「新食感」という感じでした。

素晴らしい映画を見て、友人と感想を語り合って、美味しいご飯を食べて…充実した金曜日でした。

今日も友人と出かけたので、また明日にでも書きに参ります!

それでは、昨日の出費をば。
〈金曜日〉
交通費 1000円
交際費 3600円
合計 4600円

結局自分ではご飯を食べていないので、全て交際費で処理しております。

なんだかんだ今日もお金を使ったので、予算オーバーかもしれません。。。

けれど、友人と過ごす時間はプライスレス!なので、また自分1人で使うお金をせっせと切り詰めます!

それでは今日はこの辺で失礼致します。皆様、良い週末をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しております
にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村