お財布に優しい台湾グルメ

こんにちは、つばめです。

前回に引き続き、今回も台湾旅行について書いていきます。

私と友人が台湾旅行でしたことと言えばズバリ食べ歩きです。

今回旅行に一緒に行った友人は高校の同級生で、日本でも月に1回のペースで遊んでいます。

2人とも食べることが大好きで、美味しいものを見つけたから一緒に行こうよ!

という誘い方がお互い非常に多いです。

この2人が台湾ですること…というともうお分かりかと思うのですが

ひたすら食べたり飲んだりしておりました。

今日は、台湾で私たちが食べたり飲んだりしたものを写真と一緒に紹介させて下さい。

台湾グルメあれこれ

初日の朝ごはんは、温かい豆乳スープでした。(鹹豆漿、というみたいです)
img_5065

台湾の朝ごはんとして、豆乳はメジャーなんだそうです。

ガイドブックに載っていたお店に行ったので、日本語のメニューがあって

お店の方も日本語を少し話せました。

私が頼んだのは、日本語表記で【辛い豆乳・卵入り】です。

豆腐と豆乳の中間のような柔らかい食感と、

少し海鮮系?の出汁?が出た豆乳スープで優しい味わいでした。

3連休で、ガイドブックに載っていたこともあり

お店で出会った日本の方と少しお話もできました。笑

台北の街を散策する前に、三越で水分を…
img_5092

初日は台北の街を散策、という計画だったのですが

その前にお金を両替すべく、三越に寄ったのです。

(台北には三越があってしかも両替ができるのです)

折角だからデパートの中も見ていこう、という話になって

三越の地下で見つけたお茶屋さんで烏龍茶を買いました。

こちらのお店では、台湾茶の茶葉やティーバックの販売と並行して

茶葉から淹れる台湾茶のテイクアウトもやっているのです…!

注文すると、店員さんが茶葉から淹れてくれます。なので5分くらい待ち時間が発生します。

私も友人もコーヒー・紅茶・お茶の類が大好きなので、

テイクアウトのボトルの可愛さも相まって思わず購入してしまいました。

台湾の烏龍茶って、日本の烏龍茶と比べて渋みや酸味が全く感じられず

口当たりが柔らかくて美味しいんです。

今まで、烏龍茶と言えば「サントリーのペットボトル」の味か

「飲み会でアルコールに疲れた時の小休止」くらいにしか考えていませんでしたが

今回の旅行で考えが変わりました。烏龍茶、本当に美味しかったです…

日本でも大人気の「アイスモンスター」にてマンゴーまみれに
img_5078

出発する前から友人と「これは食べよう」と決めていた台湾スイーツです。

このアイスモンスターですが、実は東京と大阪にもお店があります。

が、私も友人も日本では食べた経験がなく、

折角なので本場で食べようか。という話になりました。

肝心のお味ですが、美味しかったです!

マンゴーが容赦なくのってますし、かき氷といえどもかなりのボリュームです。

因みに、前回一人で台湾に来た際もこれを食べているのですが、

その時は大きすぎて一人で食べきれませんでした…(今回は完食しました)

東京でこのかき氷を食べると普通に1000円以上持っていかれるみたいですが

私が食べたかき氷、確か180ドルで日本円に換算すると約600円です。

半額以下だったのか…と、このブログを書いている今日気づきました。笑

甘いものを食べた後はしょっぱいものを
img_5080

こちらも「これは食べよう」と友人と前もって決めていたものです。

お待ちかね、小龍包です。

鼎泰豊という、どのガイドブックにも取り上げられる有名店なのですが

こちらのお店も、なんと日本にあるのです。食べようと思えば日本でも食べれます…笑

が、折角なので本場の(略)

前回一人で来た時もここの小龍包を食べ、日本でもここのお店は行ったことがあるのですが。

何回食べても美味しいです…口に入れると幸せな気持ちになります…

恐らく、今後台湾を訪れた際にも必ず立ち寄ると思いますし、日本でもまた行くと思います。

だめ押しで、夜市のかき氷を。
img_5081

初日の夜は、お店や屋台が立ち並ぶ夜市に行って参りました。

そこで更に、甘いものを胃につっこみました。

私が前回台湾に来た時に好きになった

「ミルク感のあるかき氷にフルーツソースがかかっているもの」

をまた食べたくて、友人にリクエストしたものです。

前回行ったお店にもう一度行きたかったのですが、見つからず。

ガイドブックに載っていたお店に突撃したのですが、普通に美味しかったです。

2日目は、少し遅い時間に朝昼兼用の牛肉麺を

img_5090

私も友人もラーメンやパスタなどの麺が大好きで

「そろそろ麺を摂取したいよね…」ということになり、

台湾のTHE・麺を食べてまいりました。牛肉麺です。

おそらく醤油?をベースにした優しい味のスープに、

味・太さ共にうどんとラーメンの麺の中間のような麺と

煮込んだ味付きの牛肉が入っています。

私が行ったお店の味は、臭みも強いクセもなく食べやすいもので

「日本人は食べやすいだろうなー」と感じました。

ラーメンのように脂っこくないし、美味しかったです。

「千と千尋の神隠し」のモデルとなったとされる九份でお茶を

img_5091

宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のモデルとなった、とされる

ノスタルジックな雰囲気でどこか懐かしさを感じさせる街・九份。

その中でも中国茶専門店として有名な、阿妹茶酒館でお茶してきました。

これが2日目のお昼…ということになりますね。笑

日本の観光客がかなり多いみたいで、お店の方も慣れた様子で

日本語でお茶の説明をしてくださいました。

頂いたのはジャスミン茶でした。甘めのお茶菓子と共に、ほっと一息つきました。

2日目の夜ですが、台湾式の鍋である「火鍋」を食べよう!という計画だったのですが

入ったお店がどこも満席で待ち時間がかなり長く、諦めました…

結局我々が入ったのは「温野菜」です。

ええ、日本にもたくさんある「温野菜」です。しゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題のお店です。

実は、九份に行った時豪雨だったのです。

文字通りの大豪雨です。折り畳み傘は持って行ったのですが友人と合羽を買って、

身体が濡れるのは防ぐことができましたが足は…足はもうね…

歩くたびにスニーカーの中の水がたぷたぷするくらいびっしょびしょになりました…

九份から戻ってきて2人ともかなり疲労していたのですが、

冷えた体にどうしても温かい食べ物を入れたくて

火鍋がだめなら…ええい!もう温野菜だ!としゃぶしゃぶを食べに行きました。

(温野菜も1時間半待ちでした。因みに隣は牛角でした)

日本とほぼ同じなので写真は撮っていませんが、

冷えた体に鍋はしみわたりました…。

台湾で、夜ご飯が温野菜ってそれだけで笑えるね、と友人ともくもくと肉を食べました。

3日目は、朝に珈琲だけ飲んで3時ころに餃子を食べつくしました。

(後で画像をアップします)

お昼過ぎに、半熟パンケーキのお店でお茶しよう!という計画だったのですが

こちらも満席で予約がないと3時間待ち…だったので

パンケーキのお店の近くにあった餃子屋さんで昼食を。

餃子専門店だったのですが、餃子以外の中華料理も充実していました。

が、二人とも2種類ずつ餃子を頼み、一人20個餃子を食べました。

日本だと、餃子の具はお肉とお野菜ですが

こちらのお店だと「豚肉の餃子」を注文すると豚肉の割合が非常に高かったです。

私は焼き餃子と水餃子を頼んだのですが、どちらも箸が止まりませんでした…

長くなってしまいましたが、台湾で食べたものはどれも美味しく、お値段も安めなので

食べ歩きはとっても楽しかったです!

帰ってきたばかりですが、もう既にまた台湾に行きたくて仕方ないくらいです…

今は、台湾で飲んだ烏龍茶をどうにかして日本でも買えないか色々調べています。笑

それでは今回はこの辺で失礼いたします。

出費を最近書いてないので、旅行の余韻に浸りつつ

また節約生活に戻ろうと思います。

ランキングに参加しております
にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村