手続きやら片づけが一段落しました。が…

またしてもお久しぶりになってしまいました。すみません。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。岩手はもう夜は肌寒いくらいです。

前回の記事で「喪主だった」とちらっと報告させて頂きましたが、

付け加えますと、母が亡くなった後の手続きや片づけもほぼ私一人でやりました。

母が亡くなったのが7月初旬、四十九日が丁度お盆の時期で、

二カ月半が経過した今、諸手続きもほとんど終わりました。

よく、「亡くなった後の手続きは大変」って聞くから、つばめちゃんも無理せずね。

と 親せきから声をかけられることがあったのですが、

めちゃくちゃ大変だったか?と言われるとうーん…って感じですし、

じゃあ楽だったの?って言われるとそれも違うかな…という、

なんとも言い難い作業でした。

というのも、母の病状を告知されてから、

のちのち発生するであろう手続きのことを事前に本で調べておいたことと、

元々働いていたのが法律関係の職場だったので、そこでの知識やら経験やらで

カバーできる手続きも多かったから…でしょうか。

仕事も完全に辞めていたので、平日自由に使える時間があるというのも

滞りなく作業を進められた要因でした。

それから、一人っ子で実の父はまだ存命ですが母とは離婚済みなので、

法律上相続するのが完全に私だけだったこともあって

私の判子だけあれば事が済む、という作業しかなかったのも大きかったと思います。

兄弟がいると、その兄弟の分の判子や書類も必要だったり、

(想像でしかないのですが)残された借金や遺産の配分をどうするか協議が必要だったり

1人で手続きが完了する、ってことはまずないと思います。その点は楽ちんでした。

ただ、母が亡くなった寂しさを言い合える人がいないのはなかなか厳しいですが…

それで今ですが、ほとんどこの事後処理作業が終わった状態です。

なんと、非常に寂しいです。

母親を亡くしているので当たり前なのですが、亡くなった直後はお葬式やら手続きやらで

毎日何かしらやるべきことがあって、そこまで時間に余裕がなかったんです。

だから、あんまり余計なことを考えなくて済んでいた、んだと思います。

時間に余裕ができた今、ふとした瞬間に母や伯母に思いをはせることが多くなって

1人で泣いてしまう時間が増えています…ううむ………

転職のタイミングかなー…とも思うのですが、正直まだそんな気分にもなれず。

ハッキリ言うとウダウダしています。うーん。

しばらくゆっくり過ごせるくらいにはお金に余裕があるのですが、

ゆっくりするにせよ期限を決めないとなぁ…とぼんやり思っているところです。

結局貯金はどうなったのかとか、奨学金はどうなりそうだとか

亡くなった後の手続きのこととか

皆様に報告できることがたくさんあるので、それもぼちぼち書きたいところです…

なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが、

だらだら書いたら長くなってしまいましたので、今日はこのへんで。

文章を書くと知らないうちに考えがまとまることもあるので、

近いうちにまたブログを更新しに参ります。

暫くはあまり明るい話題が出ないような気もしますが、

足を運んでいただければ幸いです。

では、また。

ランキングに参加しております
にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村